2016年8月28日日曜日

第14回日本乳癌学会北海道地方会

昨日は乳癌学会の地方会でした。

朝9時から夕方5時までびっしりだったのでちょっと疲れましたが、なかなか興味深い発表もあり勉強になりました。私も3-4回質問もしましたが、活発な討議が行なわれていました。

教育セミナーやランチョンセミナー、特別講演、コーヒーブレイクセミナーも知識の整理に役立ったと思います。教育セミナーでは質問したかったのですが、時間の関係で遠慮してしまいました。この症例は、胸骨傍リンパ節と鎖骨上リンパ節に転移があった症例で、術前化学療法で完全寛解が得られた症例だったのですが、腋窩郭清を行なうことに対して異論は出ませんでした。もちろん私も異論があるわけではないのですが、よく考えてみると腋窩リンパ節転移だけであればこれで良いのですが、いくら腋窩リンパ節郭清をしても胸骨傍リンパ節と鎖骨上リンパ節の転移があったリンパ節は残るわけですし、術後に放射線治療を行なう予定なのですから腋窩郭清もせずに全部放射線治療でも良いという考え方もありうるのかどうかを聞いてみたかったのです。あとでうちの乳腺センター内でカンファレンスをしてみたいと思っています。

私たちの病院からは、G先生と後期研修医のNS先生が演題を発表しました(2人とも一番最後のセッション)。私はNS先生のサポート、N先生は出産から復帰後間もないこともあり今回は発表を見送りました。2人の発表自体は珍しい症例報告ということもあり特に問題なく終了しました。



9月は院内のCVポートの学習会、10月はHS病院のO先生に頼まれた市民講座、11月は乳腺症例検討会の100回記念講演会があります。その他にも製薬会社からの社内講演が2件予定されています。12月中には来年の乳癌学会の演題締め切りがある予定です。まだ何も準備していません(汗)。そのそろ取りかかろうと思っています。

12 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

最近乳ガンのPTSDを知りました。AYA世代の乳ガンサバイバーです。かなり期間が経過していますが、PTSDかもしれません。辛すぎる感情はひとりで抱え込みすぎて今でもしんどいです。
このような場合、どこに相談すればいいでしょうか。

hidechin さんのコメント...

>匿名さん
はじめまして。
若い年齢でがんになると精神的なストレスはより大きいですよね。
外来診察の場ではなかなかゆっくりお話をする時間も取れずに一人で抱えてしまうことも多いと思います。
私たちの病院では、心の苦痛も緩和ケア科のDrやNsが診てくれる場合もありますし、精神科のDrにリエゾン対診として診てもらう場合もあります。また患者会やピアサポートの活動も盛んになってきていますので、このような活動をしている場に参加するのも良いと思います。
まずはご自身が苦しんでいることを外来の看護師さんにご相談してみてはいかがでしょうか?主治医との橋渡し役になってくれることもありますし、上で述べたような団体や活動を紹介してくれるかもしれませんから。
少しでも心の重荷が緩和されると良いですね。
それではお大事に!

孝子小林 さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
孝子小林 さんのコメント...

ご返答ありがとうございます。
ピアサポのようなのには入っておりますが、吐き出すというのができないのだと思います。
近年のケアサポート体制や情報交流の環境など素晴らしいと思います。また、今なられるかたが羨ましいとも思います。
癌は落ち着いているので、病院に行くことも少ないので看護師にというのも、機会がないのです。
最近たまたま、指摘されたのですがその頃の自分に関係する人物の中である特定の人に関する記憶のみが消えている記憶喪失になっていたようです。その頃私は生活基盤のない地域への引っ越しと重なり、指摘されずに生活していたので気がつきませんでした。この記憶喪失は、どうにかなりませんか。

hidechin さんのコメント...

>孝子小林さん
孝子小林さんの悩まれている内容は私には専門外ですのできちんとした回答をすることはできません。そのようなお悩みでしたらやはり専門は精神科ではないかと思います。最近はかかりやすいメンタルクリニックも多くなってきましたので探してみてはいかがでしょうか?
なかなか良いアドバイスができなくて申し訳ありません。

匿名 さんのコメント...

こんばんは。どうする事もできず不安で潰されそうです。今日エコーで四角い形の1.2ミリの影があり検針し結果はまただまだ先です。丸くないものは必ずや悪性という情報ばかりでどうしていいかわかりません。この形で良性もいるのでしょうか。希望はありますか?転移が怖く眠れません。また、睡眠薬や安定剤での発ガンの可能性はありますか

hidechin さんのコメント...

>匿名さん
はじめまして。
まず、1.2mmではなく1.2cmではないですか?さすがに1.2mmだとエコーで形状はわからないと思いますが…。
もちろんどの程度疑わしいかの一つの指標にはなりますが、形状だけでは良悪の断定はできません。また実際に画像を見ていない私がその言葉だけで悪性の可能性についてお話しすることはできません。もちろん良性腫瘤は丸いものだけではなく、楕円形や分葉形、そして多角形の場合もあります。
もう精査(検針という表現は通常しないのですが細胞診のことでしょうか?)もしたのですから結果を待つしかないと思いますよ。なお睡眠薬や安定剤との関連は考えなくても良いと思います。以上です。
良い結果をお祈りしています。

mohesama さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
匿名 さんのコメント...

お返事ありがとうございます!脇の下にもしこりのようなものもありチクチク痛みますので、気になり触っては痛くなり、リンパ経由しもう助からないのか。そんな気持ちで今日も眠れません。微熱もあり吐き気もおき、ガンのせいかと体中おかしくなっています。詳しい方にお話聞いて頂け少し楽になりました。

hidechin さんのコメント...

>匿名さん
まだ何も診断されていないうちからあれこれ考えるのは何もプラスにはならないですよ。
まずは結果をお聞きになってから考えた方が良いと思います。もし疑問があればその時に担当医にお聞き下さい。
それではお大事に。

匿名 さんのコメント...

先日は大変お世話になりました。診断結果は針検診で良性との判断でした。本当に救われました。
しかし3か月後までこのまま経過観察です。左に6mmが3個、右に異形が1個、私の中では急に増えだしたしこり、ガン化は不運だとありましたが、このまま多くのしこりを残して数十年もガン化せずに良性でいてくれるのでしょうか。よく数か月後にガン化しているというものも見かけます。いっそ全て取り除くという事はできないのか、胸にあり続ける限り不安で仕方ないです。

hidechin さんのコメント...

>匿名さん
良性という結果で良かったですね!
ご心配されるお気持ちもよくわかりますが、経過観察というのも有益な診断法でもあるのですよ?もちろん疑わしいものは今回のように細胞診や針生検を行ないますが、明らかに良性を疑うものまで摘出し出したらきりがありません。
3ヶ月という通常より短い期間で経過観察をしてもらえるのですから、その結果を待っても良いのではないかと思いますが、それでも心配ということでしたら直接担当医にご確認下さい。
なお、数ヶ月後にがん化(おそらくがん化したのではなく最初からがんだったのだと思います)したということは、よく聞くようなことではありません。圧倒的多数は、良性と診断されたものは良性のままなのです。ネットで書かれているようなケースは実際には稀であることをご理解下さい(何ともなかった人はその後も変わりなかったとはわざわざネットに書かないですよね?)。